Japan
Ecology Fishing
Federation

トップページ


■JEFニュース


■前のページに戻る


マイクロプラスチック委員会
役員名簿






国民ネットワークで
「STOP!マイクロプラスチック」
 〜末来へつなぐ、水辺環境保全プロジェクト〜

 47都道府県に支部を置き、清掃活動を行います。

皆さん 清掃活動にご協力ください


<活動趣旨>
プラスチックのゴミは小さく砕かれても、分解されず自然界に残り続けます。

増え続けるマイクロプラスチックによる水質汚染を防ぐために、認定NPO法人日本釣り環境保全連盟は新たな活動『STOP!マイクロプラスチック』事業を2021年度からスタートさせることになりました。

大きな目標は「生き物と食の安全を守る」こと。プラスチックごみを水辺から減らすことがこのプロジェクトから減らすことがこのプロジェクトの使命です。

2021年度活動の様子

水辺に残された釣り糸

マイクロプラスチック

〜マイクロプラスチックとは〜

現在、不適切な処理によって年間数百万トンを超えるプラスチックゴミが海洋へ流出していると推計されている。
2050年には、魚の重量を超えるプラスチックが海洋に流出すると予測されている
プラスチック製品は私達の暮らしに定着し、様々な場面で使用され、プラスチックゴミを大量に排出しながら生活している。
自然に放置されたプラスチックは、紫外線や海の流れの中で、粉々に砕ける。5mm以下にまで小さくなったかけらを「マイクロプラスチック」と呼ばれている。
プラスチックのゴミは小さく砕かれても、分解されず自然界に残り続けます。増え続けるマイクロプラスチックによる水質汚染は更に深刻になります。

〜私達が今出来る事〜
  ・リデュース 出すゴミを減らす。
  ・リユース  再利用する。
  ・リサイクル 再生産に回す。

         「環境省 平成29年度漂着ごみ対策総合検討業務」抜粋

  
Copyright(C)2021 JEF All Rights Reserved