Japan
Ecology Fishing
Federation

トップページ  JEFニュース  前のページに戻る

令和4年度河口湖湖底清掃報告(2022年11月23日)第59回

 河口湖の湖底清掃は平成13年より、実施しており今年は59回を迎えました。今年は11月23日「勤労感謝の日」の祝日を利用して、山梨県の河口湖にて「湖底及び湖岸の清掃活動」を実施させて頂きました。
当日の潜水作業などにつきまして報告報告します。


河口湖をきれいにしよう!

令和 4年11月23日(水)「勤労感謝の日」の祝日 山梨県河口湖での「湖底清掃」実施につきまして、ご報告をさせて頂きます。

当日の河口湖は 朝から生憎の雨模様で 気温も低く推移していました。
水位は 高止まり傾向で 当日は「約70p」の増水という事でした。

潜ってみての感想は 朝からの天候も悪く 雨模様で水中も暗い割には水温が高めでした。おかげで湖底付近には やたらと「水草」が あちらこちらにバッチリと生息していて ダイバーの視界は その密生している「水草」に遮られていました。
例年の11月中旬であれば 水温が下がり とっくに「水草」が切れて 湖底が「丸見え状態」となるのですが「温暖化」の傾向と影響は 年々進んでいるように 直接 肌で感じます。

今回は 河口湖「大池公園駐車場」前の湖岸周辺の陸上と水域での「清掃作業」を実施させて頂きました。
終始 雨に降られての作業でしたが スタッフ全員 ケガをすることもなく無事に作業をおえることができました。感謝です。

今回の水中作業での「気づき」は、場所や時期的なことも重なってなのか、湖底に「ゴミ」が少ない事。相も変わらず湖底には堆積物(ヘドロ等)が多く堆積し 水も濁り 水中の水草類も貝類も、何やら生きているのか死んでいるのか判らない水中環境でした。

これからも 湖底清掃や陸上のゴミ回収作業を継続し、いつまでも綺麗な湖であることを願いつつ清掃作業を終えました。

いつまでも皆様のご協力と共に、湖の綺麗な水質と水辺環境を作っていきましょう。

以上、ご報告を致します。
潜水作業担当ダイバー 佐 藤  巖

ダイバーからゴミを受け取り岸に運びます。
手作業でゴミの分別をします。
河口湖湖底に沈んでいるルアー

 作業実施日  令和4年11月23日(水曜日)
 当日の天候  雨
 気 温  早朝:6.5℃(11時 7.5℃)
 水 温  水深1.5m 14.5℃
 作業箇所  河口湖大池公園駐車場前の湖岸と水域
 作業開始時間  午前 9:00
 作業終了時間  午後 12:30
 潜水作業時間  100分 (30分+35分+35分)
 作業内容  湖底・水際に放置されたゴミの回収作業

 作業スタッフ
 潜水作業班  2名(潜水士有資格者1名)
 船舶監視班  1名(船舶1艇)
 陸上水際班  5名(水際作業3名)
 撮影班GO!GO!NBC 1名

 ゴミ回収量
 ビン類・缶 類 3,000g  
 ワーム類 2,000g  
 ハードルアー類 1,000g  
 可燃物   1,500g  
 不燃物 5,000g  
 合 計 14,500g  
 協 力  総合学園ヒューマンアカデミー富士河口湖校
1日中冷たい雨の降りしきり、風も時折強く吹く中での作業となりましたが、
ダイバー、総合学園ヒューマンアカデミーの学生の協力のお陰で無事に
事故なく終了する事が出来ました。 有難うございました。
  

Copyright(C)2022 JEF All Rights Reserved