Japan
Ecology Fishing
Federation

トップページ  JEFニュース  前のページに戻る
                                         
2022   環境保全講習会

認定NPO法人 日本釣り環境保全連盟では、今年度も環境保全の推進、及び釣り人のマナー向上のため、当連盟の協力団体であります『NBC全国チャプター』の協力の下、釣り人を対象に「フィッシング・エコ・リーダー」による環境保全講習会を全国4会場で実施し、講習・釣り場のゴミ拾い活動等に参加していただきました。世界的にもマイクロプラスチック問題なども大きくとりあげられており、釣り人にとって身近なフィールドでの、環境保全への意識の高まりを再確認しました。

今後も環境保全講習会と共に啓蒙活動を宜しくお願い申し上げます。

7月24日(日) 青森県 晴れ 22人
ローカルトーナメント後に環境保全講習会を実施しました。
近年では、釣り人のマナーも良くなり、湖畔にゴミは殆ど無くなりました。

しかし、ボートでの釣り人が残した気に絡まるライン等が少なからず目立ちました。この沼には、白鳥を始め多くの水鳥が生息しています。特に数年前から帰らない白鳥が、毎年卵を産み孵化しています。

 白鳥をはじめ多くの水鳥を保護するためには、私たちはラインの
回収の徹底と釣り人達との声の掛け合って釣り場を守ろうと参加者と
話し合いました。
  講師 JEF青森県支部 谷坂三生

6月12日(日) 曾原湖 雨のち曇り 54人

今年の参加者のうち10名ほどが初めての講習会参加となりましたが、多くの方は過去に参加したことのある方でした。

 毎年参加者に自身の出来る範囲(生分解ルアーの使用やゴミ拾い等)から環境保全を進めていただくことをお願いしておりますが、今年はマイクロプラスチックの問題を中心に説明。

海で発見されるマイクロプラスチックゴミの多くが、私たちの釣りしている湖や川などから流出していることも説明しましたが、参加者の半数が初めて聞いたとのことで、少し驚きました。 講師 佐藤克紀